おんな城主直虎の3話の感想!

こんばんは。今日は、おんな城主直虎の3話が放送されたので、その感想をお伝えしていこうと思います。私はリアルタイムで見えない環境になっていますので、録画して今日みました。

 

 

見ていて一番思ったのは、おとわは本当に出家していいの?って思ったことです。鶴との夫婦じゃなくて亀との夫婦になるにしても出家していたら亀との結婚もできんのやないかなって思います。

 

 

もちろん、南渓和尚が言っていたようにほとぼりが冷めれば戻ればいいのでしょうけど、そんなに簡単にいくものやろか。人質と引き換えに出家になったわけですからね。

 

 

なかなか難しいような気がしますよね。そもそも、亀が生きているとも限らないなかでよくそんな決断をしたなあって感心しましたね。ただ、どうなんでしょうね。

 

 

とりあえず、最も嫌っていた人質については逃れることができましたね。なので、しばらくは出家して僧として修業するところが描かれるのでしょうか。

 

 

なんか、まだ子役ですし一休さんみたいになってしまうような気がしますけどね。そのあたりはどうなんでしょうか。亀は生きているのでしょうかね。

 

 

今後、このあたりがどのように変化していくのかどうしても気になりますよね。なので、私はちょっと検索して調べてみました。「おんな城主直虎のネタバレ」

 

 

基本的に、私はネタバレ系は楽しみが減るので読まないことが多かったのですが読んでみるとなんかイメージできるんですよね。そのキャストがわかっているので浮かびあがります。

 

 

なので、もしあなたも興味があるのであれば一度ネタバレを見てみると面白いかもしれませんよ。いろんな「おんな城主直虎のネタバレ」を読んでみたのですが、こちらの記事が最も詳しく書かれていました。

 

 

なので、こちらのネタバレ記事を読んでみるのをお勧めします。きっと、イメージできて楽しくなりますよ。

おんな城主 直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主直虎の視聴率が低下傾向!

おんな城主直虎の3話の視聴率が発表されました。第3話については、14.3%になっています。これまでは、1話から3話にかけてどんどん低下してきています。

 

1話 16.9%

2話 15.5%

3話 14.3%

 

3話までの状況を見ると、大河ドラマ以外のドラマと同じですね。最初は高くて徐々に視聴率が下がってきている。それが「おんな城主直虎」の視聴率も同じになります。

 

 

なので、1%ずつ低下してきています。まだ、子役が演じているというのが原因なのかもしれませんが、ストーリーの問題かもしれませんね。どこかで下げ止まりするのでしょうか。

 

 

ちなみに、前回の真田丸の1話から3話までの視聴率は下記の通りになっています。

 

1話 19.9%

2話 20.2%

3話 18.3%

 

真田丸と比べると随分と視聴率が落ちています。しかも、真田丸の場合は2話目については上昇しています。高視聴率が獲得できるドラマの条件として、1話目よりも2話目の方が視聴率がたかいというものがあります。

 

 

これは、1話目は試しでみようかなってひとがいるためです。1話目をみて今後も続けてみようか判断をするために見るんですね。しかし、その見た結果続けてみようと思わなかったばあいは2話目で視聴率が低下します。

 

 

通常、ドラマっていうのは途中からよりも最初から見たいって願望がありますのでそのようなパターンが多いですね。なので、おんな城主直虎については最初お試しで見て徐々に減っていっているということになりますね。

 

 

基本的には、最近のドラマはどれもこのケースが多いのですが今後V字回復してくるのか。そのことについて今後も詳しく追いかけていきたいと思います。個人的には、「おんな城主直虎」は面白いと思うんですけどね。

 

 

多くの視聴者の判断はそうはなっていないということになるのでしょうね。今後も視聴率の推移について見続けていきたいと思います。

 

 

 

 

おんな城主直虎の2話の再放送を見た感想!

こんにちは。今日は、おんな城主直虎の再放送を見たのでその感想をお伝えしていこうと思います。

 

まずやっぱり一番に思ったことはネットでもいろいろと言われていますが子役の新井美羽ちゃんが頑張っているということに尽きると思います。

 

 

あんまり、かわいいってタイプではありませんが一生懸命に演技をしていますよね。どうしても、子役って演技できない子が多いんですけど真面目に演技していますね。

 

 

これを見てさすがNHKだなって思いました。ちゃんと人選しているんやなって感じたからですね。製作費をたくさんかけているだけのことはあります。

 

 

そして、もう一つは吹越満さんが怖いってことですね。なんかいっつも悪い顔をしているんですよね。前半のポイントはこの人になりそうですね。そんな予感がします。

 

 

井伊家はこの人に支配されているのかってぐらい、頭が切れますよね。上手に今川家に取り入っているといいますか。その辺りが表情にもにじみでています。

 

 

それを見ているのが怖いんですね。どうしたって悪役というのは必要なんですけど、今回の「おんな城主 直虎」の場合は、それがかなりはっきりとした構図で描かれていますね。

 

 

また面白かったのは、ムロツヨシさんが演じていたなんつうんですかね。浪人になるんですかね。百姓でもないですからね。

 

そいつがおとわを袋に入れて井伊家に入ってきたときに首をはねろって言われた時の表情がなんとも言えないものがありましたね。

 

 

それをみたら笑えるといいますか・・・おとわとしては、亀と約束したから亀と夫婦になりたいんでしょうね。どうしても、自分が亀を裏切るわけにはいかないって思いがあったんでしょうね。

 

 

最後に髪を切り刻んでいたのは正直びびりましたね。女子ですからね。あんなに髪を切るってまあないですよね。そりゃあ父の直満も驚きますよね。

 

 

見ているこっちもびびりましたもん。大丈夫かって。だから、どうしても思うわけですね。今後、この姫は井伊家でやっていけるのかって。しばりがある姫って感じじゃない方がいいんではないかなって思ってしまうねん。

 

 

髪を切ったのを見て、小野和泉守がどのような反応をするのか。ここが3話でのポイントになるのかなって思いますね。楽しみです。

 

 

べっぴんさんで親子関係にヒビが?

こんにちは。今日の「べっぴんさん」が強烈だったのでそのことについて書いていこうかなと思います。お嬢様育ちのヒロインすみれが初めて娘のさくらに対して手をあげましたね。

 

 

どうにもならないって思ってビンタしたのでしょうけど、あのやり方は正直きびしいですよね。親子関係が修復するのが相当難しくなりました。

 

 

それぐらい大きな溝をつくったビンタですね。この辺りは母親と娘なので、父親がビンタしたのとは違うかったと思います。そもそも、紀夫はさくらのことであまり出てこないけどどうしてなんでしょうね。

 

 

なんか、頭が痛い話やなって思っているぐらいでなんか真剣さがすみれとまったく違うんですよね。そのあたりが実は大きな原因の一つのような気もするんですけどね。

 

 

紀夫がしっかりしていたら、さくらもクラブにいったりしないような気がするんですよね。もちろんずっと、母親や父親がいない寂しい生活を送ってきたんでしょうけどね。

 

 

ただ、やっぱりどうしても思うのは小さいころにずっということを聞いてきて育っただけの感じだといかんのかなって思います。

 

 

どこか、小さいころにそういったぶつかりがあった方がいいんちゃうかな。ためにためて爆発ってなったら年齢的にもどうにもならないようになるんじゃないかなって思ってしまいます。

 

 

高校生くらいってどうしても、いろんな誘惑がありますからね。そうやって思うと、しっかり話を幼いころからずっとしとかなあかんってことやんね。

 

 

仕事で寂しい思いさせているなら、それでもいつも気にしているということを伝えとかなあかんのやろなってべっぴんさんみて思いましたね。子供は親を選ぶことはできないですからね。

 

 

自分がいっつも家にいてくれる母親がおるのがいいって思っても、なかなかそうはならない。子供は選べるわけではないから。そう考えると、きっちりと愛情を注がなあかんのやろなあ。

 

 

共働きになって、お母さんが忙しくなってきている今だからこそ胸に響く内容のドラマになっていますね。

嘘の戦争の2話の視聴率が上昇!

火曜日の21時から放送されている「噓の戦争」の2話が放送されて、初回に比べて視聴率が上昇しました。草彅剛さん主演ということで人気のドラマです。

 

 

以前に放送されたドラマ「銭の戦争」とかけてきたのかなって思うドラマタイトルですね。今回の同じクールに木村拓哉さん主演のドラマ「A LIFE」がありますので、視聴率対決と報道されています。

 

 

噓の戦争については、初回が11.8%で第2話については12.0%になっています。通常近年のドラマは初回が一番視聴率が高くでだんだん見る人が減っていくという傾向があります。

 

 

それは、初回見てみてその後の続きを見るか決めるというひとが多いんだと思うんですけどね。しかし、「嘘の戦争」については2話目の方が視聴率を上げてきました。

 

 

ちなみに木村拓哉さん主演のドラマの初回の視聴率が14.2%なので今後、落ちてくる可能性が高いのでいい勝負になるかもしれません。

 

 

ワイドショーやそういった類のいろんなニュースが騒がしいことになるかもしれませんね。どうしても、SMAP解散の関係で、木村拓哉対ほかの4人という構図ができてしまっていますので、そういったところは注目されると思います。

 

 

まあ、それは本人たちのせいではないのですが。いずれにしても今回のドラマについてはお互いに勝敗がつきやすい数字が注目されることになるでしょう。

べっぴさんのさくらとすみれの今後が気になる!

こんにちは。NHKの朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」のさくらとすみれの今後が気になるのでそのことについて今日は書いていこうと思います。

 

 

べっぴんさんってこれまであまり見てなかったんですけど、最近なんかインターネットでも話題になっていたので、ちょこちょこみるようになりました。

 

 

連続テレビ小説って15分って時間がいいですよね。それ以上だと長すぎるし、10分だときっと短すぎるんだと思います。そういった意味では絶妙の時間設定ですよね。

 

 

また、8時からスタートするのもいいですよね。仕事行く前にちょこっと見れるってのが魅力的です。内容については、家族のすれ違いって内容が最近ではありますね。

 

 

これって、働く女性が増えてからどうしても多いんちゃうかなって思いますね。もちろんキアリスみたいに社長に近い形ではないと思いますけどね。

 

 

それでもやっぱり子供が高校生ぐらいになると複雑ですよね。最近では、中学生ぐらいから夜遊びするこも多いですけどね。どうしても遊びたくなる年齢ですし、反発しますよね。

 

 

親が家にいないと寂しいって気持ちもわかるんですけど、それは世の中的に同じことが多いですよね。専業主婦ができればいいんですけど、なかなかそれもうまくいかないですよね。生活考えると。

 

 

そうやって考えていると、すみれとさくらの関係ってドラマだけの問題ではなく親近感がわいてきたりして、うちはまだ子供が小さいからいいですけど。

 

 

将来的にはそんなことも悩む時期がくるのかもしれないですね。そんなことを考えていると不安にもなりますが、みなさんはどのようにしているんでしょうか。

 

 

今は、昔と違って携帯電話があったりしますし、どんな感じで夜遊びとかって防いでいけばいいんでしょうね。そもそも、夜遊びがいけないってのが考えが古いんですかね。

 

 

そういったことも含めて、今の時代にあった子育て。特に思春期の子育ては心配ですね。こどもじゃないですからね。もうかなり大人。そんな状況なのでなんとも複雑な気もします。

キムタクのドラマを見て感じたこと!

木村拓哉さん主演のTBSの日曜劇場「A LIFE」の初回視聴率が14.2%で今のドラマのクールで最高の視聴率をたたきだしました。ただ、木村拓哉さん主演のドラマの初回としては過去最低の数字という結果でもありました。

 

 

まず、「HERO」とかしていたころと比較するのは、時代が違うのでちょっと違うかなあって思いますね。時代が変わって、そんなに多くの人間がテレビを見ているわけではないんですね。

 

 

もちろん、たくさんみていますけど、若者を中心にテレビよりもスマホをいじっている時間の方がはるかに長い。テレビはなんとなくついているだけのものになっています。

 

 

そういう時代の変化もあるので、一概にキムタクの人気が低下したってことにはならないように思いますね。今回のクールで一番のわけだし、過去と比較することには大きな意味はないのかなって。

 

 

ただ、やっぱりイメージの職業ですからね。SMAP解散報道で批判を一身に浴びてしまったところでマイナスになっていることは否めないかなとは思いますね。

 

 

今の若い世代は、それほどキムタクのドラマだからって見るわけではなくなっていますので、単純に作品としての面白さが必要になってくるんでしょうけどね。

 

 

そのあたりは、病院系のドラマって見飽きた感じがあるんですよね。それは相手役が竹内結子さんだろうと、なんであろうと毎回どのクールでもドラマって病院ものやっていますよね。

 

 

基本的にどれを見ても大きな違いがわからないんですね。そこに木村拓哉さんを起用しても同じかなと思いますね。なのでちょっと、作品の問題かなとは思います。

 

 

もちろん、木村拓哉さんだから14.2%も視聴率がとれたともいえます。私、個人の意見としてはまだまだキムタク人気健在だなって思いましたね。内容的には、今後どのようになっていくのか。注目ですね。

おんな城主直虎の2話の視聴率が低下!

今日は、大河ドラマ「おんな城主直虎」の2話の視聴率についてお伝えします。2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」は初回の視聴率が16.9%でした。

 

 

それにつづく、第2回は15.5%と早くも1.4%も低下してしまいました。個人的には、子役の新井美羽が頑張っているので、かなり面白いないようになっていると思うんですけどね。

 

 

インタ‐ネット上での評価も様々でナレーションが気持ち悪いって意見があったり、逆にそのナレーションがいいって意見もあります。

 

 

また、子役3人の演技が素晴らしいって意見と逆に子役が早く終わらないかなって意見の両方がでています。視聴率的には下がっていますので、真田丸から続いてみていた人が減ったのかもしれません。

 

 

ただ、今回の大河ドラマにはあまり知られていない井伊直虎という人物について描かれていますので、それが今後どのようになるのかというわくわく感があります。

 

 

そのために、次がわからないという楽しみがありますよね。なので、1回みたらかなり継続するんではないかなって思いますね。子役が面白いので、あと何回か子役の大河ドラマを楽しみたいですね。

 

 

おそらく、これだけ子役を引っ張っているってことからもこの3人がずっとどうなっていくのかというのが、今回の大河ドラマでは大きなポイントになるんだと思います。

 

 

3話では、頭を切ったおとわを見て小野和泉守がどのような反応をするのか。鶴丸との結婚はどのように進んんでいくのか。そのあたりのところが気になりますね。

 

 

今後もどのように話が展開されるのか楽しみならがらみ続けていきたいと思います。

おんな城主 直虎第1話の再放送を見ての感想!

1月14日の今日、初めて「おんな城主直虎」の再放送をみました。私はいつも大河ドラマを見るタイプではないのですが、前回の「真田丸」をずっと見ていたので、今回も気になっていました。

 

しかし、1月8日の初回は所用があったために見ることができませんでした。録画も忘れていたので、再放送を見た次第ですね。感想を一言で言うと、1話目からかなり重いなあって印象です。

 

あと春風亭昇太さんが演じる今川義元がなにも話していなくて気持ちわるかったっていう印象ですね。あの時代って本当に公家のでの人はあんな格好だったんでしょうかね。驚きますよね。

 

まあ、そんな一面もあったのですが内容的には子役が活躍していましたね。3人の子役が引っ張っていく感じの内容でしたね。なので、どうなんでしょうか。2話も三人の子供が引っ張っていく役になるんでしょうかね。

 

 

いつもの大河ドラマはそんなことはないんでしょうかね。真田丸しか1話から見たことがないのでちょっとわからないんですけどね。話の流れから言うと、まだ子役のままのような気がしますね。

 

 

それにしても、最近の子役って演技上手ですよね。芦田愛菜ちゃんぐらいからでしょうか。なんかもう、仕事としてきちんと成立しているように思います。しっかりしててすごいなって思いますね。

 

 

うちにも同じくらいの子供がいてますが、そんな感じのことができそうにまったく思えないですよね。このあたりは親の教育といったところでしょうかね。それが大きいような気がしますね。

 

 

あと気になったのは吹越満さんが気になりましたね。まあ悪い顔をしていました。なんか序盤のキーポイントになりそうな存在ですね。あの悪そうな顔の演技がよかったですね。

 

 

そんな父に突っかかっていくように話してた鶴丸もまたよかったですね。あんなところを見せられるとどんな大人に育つのかってちょっと怖いですよね。ゆがんだ性格になるんちゃうかとか思ってしまいますよね。

 

 

そのあたりはどうしても、血なんでしょうかね。今後、鶴丸がどのように成長するのかについても期待してみていきたいですね。